手ばかり栄養教室

皆さん「手ばかり栄養教室」って知っていますか?
諫早市主催の一般介護予防事業の一つで65歳以上の方を対象に6ヵ月ごとに上半期・下半期として開かれています(参加は途中からでも良いようです)。
今回地域在宅支援の勉強の為に参加してきました。

介護予防教室は5種類の教室(脳トレ・筋トレ・口トレ・若返り体操・手ばかり栄養)があり、諫早市内25ヵ所で開催されています。

手ばかり栄養教室は管理栄養士が講師となり一日に摂りたい食品として両手に乗る魚・肉・卵・豆腐のたんぱく質と両手一杯の緑黄色野菜と両手2杯のその他の野菜をバランス良く組み合わせた料理を紹介し実習します。

参加された方の中には料理上手な方から、料理見るのが好きと洗い物や食器の準備をされる方さまざまですが楽しく参加し家への閉じこもりから外との交流を持つこと、住み慣れた地域でいつまでもいきいきと自立した生活をする事をモットーに、講師の先生と参加者の皆さんも和気あいあいと進められて談笑しつつも見事な手さばきで仕上げられました。

調理実習の後は試食をしました。主食(梅ごはん)主菜2品(豆腐ステーキ・鮭と野菜のフライパン蒸し)副菜1品(炒り卵)美味しそうでしょう!!
今回教わった料理のレシピはホームページでの『在宅支援~食と健康~』のコーナー(現在準備中)で紹介を予定します。

関連記事

  1. 病院産の野菜&果物