理念

私たちは、「人にやさしく」「自然にやさしく」「地域にねざした」病院をめざします

方針

患者さんやご家族へ、安心と信頼のある医療を提供します
患者さんの尊厳と権利を守り、自立と社会参加を支援します
最良の医療サービスを提供するため、職員の資質の向上と知識技術の向上に日々努力し働きがいのある病院を作ります
地域の精神保健・医療・福祉に貢献し、地域にねざした、愛される病院をきずきます
 

見松会 沿革

1959年 7月 諫早市城見町にて「諫早精神科病院」開設(総病床数90床)
1962年 3月 増築(206床)
1968年 7月 増築(394床)
1996年 4月 精神障害者社会復帰施設 グループホーム「しろみ」開設
2002年 4月 諫早市目代町へ移転新築「あきやま病院」へ改称(総病床数354床)
2002年 9月 精神科デイ・ケア 承認施設
2003年 4月 旧病院跡地に「あきやま診療所」開設
2004年10月 社会福祉法人見松会 特別養護老人ホーム「しろみ」開設
2008年 8月 「喫茶Ami」新築オープン
2008年12月 グループホームしろみ 城見町から原口町へ移転
2012年10月 新棟(職員食堂等)増設