春の彩り弁当!

新生活がスタートし2週間が過ぎようとしています。
満開の桜も葉桜に変わり、新緑へ向けて季節も一歩一歩進んでいる様ですね!
栄養部では、毎年4月の新年度スタートに合わせ「にぎり寿司」のお祝いメニューを患者様に提供しています。
にぎり寿司は栄養部職員の手作りです。
毎年その日の昼食は調理師と管理栄養士、一丸となって作り上げていきます。

今年は、コロナ禍で患者様も花見などのバスハイクも出来ないため少しでも花見気分を味わって頂きたくて『春の彩り弁当inにぎり寿司』を、米飯が食べられない方には刺身を盛り付け工夫しながらお弁当箱形式で提供しました。

前準備から当日まで、ちょっと忙しくなりましたが提供されたお弁当に患者様はもちろん職員からも喜ばれ、あきやま病院の春のスタートに彩りを添えることができました。
私達栄養部も、今年一年様々な季節の食材や行事で患者様やスタッフの喜びに繋がる食事提供を頑張りたいと♥新たな気持ちになりました!!

関連記事

  1. 究極の「地産地消」

  2. 手ばかり栄養教室

  3. 梅の土用干し

  4. 行楽日和と食欲の秋

  5. コロナに負けるな!

  6. 栄養の日