アルコール依存症の治療目標が断酒の際に使われる第二選択薬ノックビンとシアナマイドについて

こんにちは。薬剤部の穐山です。

今回は前回のレグテクト錠に続き『アルコール依存症の治療目標が断酒の際に使われる第二選択薬ノックビンとシアナマイドについて』です。
結論から言うとこのお薬はお酒を嫌いにする薬剤(嫌酒薬)になります。

説明をする前になぜお酒を多く飲みすぎると頭が痛くなったり、気持ちが悪くなったりするのでしょうか。まずはこの理由を知ることから始まります。
アルコールを飲むとまず肝臓で酵素(仮に酵素Aとします)による分解が行われます。
アルコールは肝臓の酵素によって分解されるとアセトアルデヒドという物質が生じます。
このアセトアルデヒドが今回の薬を理解する上でとても大事なキーワードになります。
このアセトアルデヒドは毒性の強い物質で、個人差はありますが体内で蓄積されると顔面紅潮、悪心、嘔吐、心悸亢進など不快な症状を示します。
しかし、時間が経つとこのアセトアルデヒドも酵素(仮に酵素Bとします)によって水と二酸化炭素に分解されるので上記のような症状は次第に治まっていきます。
ここまでがお酒を飲んで体調が悪くなるまでの簡単な流れです。

ではなぜノックビンとシアナマイドは嫌酒薬と言われるような作用があるのでしょうか。
それは人というのは誰もが不快な症状を嫌います。そこで、アセトアルデヒドを蓄積させれば少量のお酒でも不快な症状が出て次から飲まなくなるのでは?と考えるわけです。
では、どうやったらアセトアルデヒドの量を増やせるのだろうか。
アセトアルデヒドを分解する酵素Bの働きを抑えれば蓄積していくのではないか。
そうやって誕生したのがノックビンとシアナマイドになります。

今回はなぜお酒を飲むと体調が悪くなるのか、治療目標が断酒の場合の第二選択薬であるノックビンとシアナマイドについて簡単ではありますが説明しました。
次回は『治療目標が飲酒量低減の際に使われるセリンクロ錠について』を説明します。

※日本人と西洋人を比べた時にお酒に強いのはどちらのイメージがありますか?
西洋人は日本人と比べてアルコールを分解する酵素Aの働きは弱いが、アセトアルデヒドを分解する酵素Bの活性が非常に高いです。そのため不快な症状の原因物質をすぐに分解する西洋人は日本人と比べてお酒が強いと言われています。

関連記事

  1. みなさんは食中毒と聞くと何をイメージしますか?

  2. 全試合勝利を目指して頑張れ!V・ファーレン!

  3. アルコール依存症の飲酒量低減を目標にした際に使われるセリンク…

  4. バラとワインマラソンinハウステンボス

  5. アルコール依存症以外の依存症について

  6. ワクチン接種後の副反応

最近の記事

おすすめ記事

  1. 穐山弘明監督