当院では安心・安全に利用して頂けるよう出来る限りの予防策を講じています

こんにちは、薬剤部です。
相変わらず新型コロナウィルスが世界中で猛威をふるっています。
日本では緊急事態宣言が出され、不要不急の外出や三密(密閉空間、密接場面、密集場所)は避ける。県外への外出は避ける、毎日の体温測定、症状の確認、マスクの着用、アルコール消毒など様々な予防が連日テレビで発信されています。
そんな中、我々のような医療従事者は十分な予防が出来ているのかというとそうではありません。マスクは手に入らず、消毒用のアルコールも手に入らないのが現状です。新品のマスクを毎日1枚使うということも出来ません。周辺の消毒も以前はアルコールを使っていましたが、少しでも節約をするために周辺の消毒はハイターの希釈液を作成し消毒をしています。
それでも当院では安心・安全に利用して頂けるよう出来る限りの予防策を講じています。
出勤前の体温測定と症状の確認、病院・病棟入り口には手指消毒用のアルコールの設置受付や投薬口にはビニールカーテンの設置

周辺消毒を診察前の午前、午後2回実施する等の予防を行っています。
ご存じの通り、ウィルスを目で見るというのは不可能です。
知らず知らずのうちに自分が感染症になっている可能性があります。
大事なのは自分が人にうつさない、うつされない事。
そのためには、人との距離を保つ、咳をして飛沫を飛ばさない、周辺にはあまり触れない、アルコールが置かれてある場所では遠慮せず小まめに消毒をする。
言い出したらきりがありませんが、新型コロナウィルスに感染すると自分だけではなく家族や職場にまで影響する可能性が非常に高いです。
日々更新される情報は漏らすことなく確認し、終息するまで自分が出来る最大限の予防を確実に行っていきましょう。

関連記事

  1. 生を衛る(まもる)

  2. これからもV・ファーレン長崎を応援します!!

  3. バラとワインマラソンinハウステンボス

  4. 全試合勝利を目指して頑張れ!V・ファーレン!

  5. みなさんは食中毒と聞くと何をイメージしますか?

  6. ボウリング大会