鬼灯

立秋を過ぎてまだまだ暑い日が続きますね。
この頃になると、お盆休みの帰省のニュースが流れます。
お盆とは故人や祖先の霊を供養する行事ですね。
お盆になるとよく「ホオズキ」を飾りますがどういう意味があるのでしょうか。
ホオズキは漢字で「酸漿」のほかに「鬼灯」とも表され、「鬼灯」は中国語で小さな赤い提灯を意味します。
鬼灯は盆花であるだけではなく、仏壇を飾る赤い提灯という特別の意味を持って飾られています。鬼灯には、ご先祖様をお迎えする為のあかり(提灯)の役目があるといわれています。
鬼灯
我が実家のお墓、仏壇にも鬼灯を飾りました。
立秋は「暦のうえの秋の始まり」であって、実際は立秋が夏で一番暑い時期。
猛暑が続きますが、みなさん体調管理に気をつけてください。

関連記事

  1. 年始の準備

  2. デイケア料理

  3. 新生ソフト部始動

  4. 西Ⅲ

  5. デイケア

  6. 合同面接会に参加してきました