第39回リハビリテーション研究会

3月9日、毎年恒例のリハビリテーション研究会が開催されました。

今回は当院が初めて事務局として運営に携わらせていただきました。

当日は県内の病院等から100名前後の参加がありました。

研究会では、当院の病院長より「依存症対策に関連して」と題した講演と、アルコール病棟の「隔離室利用患者へのvdt MoCA理論を用いた環境設定~混乱のない生活リズムづくりを目指して~」の症例を報告させてさせていただきました。

たくさんの方と意見交換することができ、大変貴重な時間を過ごすことができました。