第30回九州アルコール関連問題学会

3月16日・17日に第30回九州アルコール関連問題学会長崎大会が
ブリックホールにて開催されました。
今大会で30回目の節目の大会であり9年ぶりの長崎大会でした。
九州アルコール関連問題学会の30周年を振り返っての基調講演、
分科会にて「基礎講座」、「発達障害と依存症」、「地域と医療との連携について考える」、
「コメディカルスタッフの新たな依存症への関わり」について発表が行われました。
当院の作業療法士からも「アルコール依存症に対する当院での作業療法の新たな
関わり」について発表させて頂きました。
2日目には、市民公開講座として「なぜ、ひとは、ギャンブルにはまるのか?」等の
公開講座が開催され、貴重なお話を伺うことができました。
今回のアルコール関連問題学会で学んだことを活かして、
今後のよりよい看護へ繋げていきたいと思います。

ennouji.jpg

関連記事

  1. 残暑見舞い申し上げます!

  2. 開催間近!

  3. 西3病棟

  4. コスモス

  5. 事務部

  6. ミニ運動会のお知らせ

最近の記事

  1. 梅ゼリー

    2021.09.27

おすすめ記事

  1. 穐山弘明監督