前回は、ドリンクについて解説しました。今回は、そのドリンクを使ったランキングを紹介します。
このランキング表をみれば、同性、同世代の人が100人いるときに、自分の飲酒量が多いかどうかがチェックできます
では、ランキング表をご覧ください。
例えば、45歳男性の方がいたとします。
飲酒量は、一日ビール500mlと日本酒2合飲むとしたら、6ドリンクになります(前回のドリンクについてを復習してください)。
まず、表の右側の欄が男性になります。45歳なので、年代の欄は「40~59」をみます。一日飲酒量は6ドリンクなので、6という数字を見つけます。最後に、6の段の一番左の欄をみると、20位と書いてあります。
同世代の男性と比べると、飲酒量の多さが100人中20位ということになります。
同じようにもう1例見てみましょう。45歳女性が一日ビール350ml2本飲むとしたら、2.8ドリンクになります。
すると、この女性は、100人中5位ということになります。飲酒習慣は、性別、年齢によってこんなに違うんですね。
お酒が好きな人のまわりには、お酒好きが集まります。
「俺よりあいつの方がたくさん飲んでるから、俺はまだ大丈夫」と、自分の周囲だけをみて安心していませんか?

ぜひ一度このドリンクランキングを試してみて、自分の酒量が平均と比べてどれぐらい多いのか参考にしてみてください
<あなたの飲酒量は、100人中何位?>

最近の記事

  1. 梅ゼリー

    2021.09.27

おすすめ記事

  1. 穐山弘明監督