老年精神医学と依存症を専門とする医師が新しく常勤医師に加わり、診療体制がより充実しました。

あきやま病院 診察室

令和3年4月より、老年精神医学を専門とする葉室篤医師と、依存症を専門とする福田貴博医師の2名が当院の常勤医師として加わり、より充実した診療体制をとっています。

 

葉室篤(はむろ あつし)医師
葉室篤

葉室篤医師プロフィール

昭和大学医学部卒業。
昭和大学病院、浴風会病院、天久台病院、杠葉病院にて勤務。
コメディカル向けのセミナー等を定期的に開催している。
<資格等>
日本老年精神医学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医

患者様へメッセージ

「もの忘れ、認知症が気になる方、気分が落ち込む、眠れないなどの症状がある方はご相談下さい。」

福田貴博(ふくだ たかひろ)医師
福田貴博

福田貴博医師プロフィール

長崎大学医学部卒業。
長崎医療センター、国立病院機構琉球病院、佐賀県医療センター好生館、肥前精神医療センターにて勤務。
長年依存症に関する臨床研究に関わり、依存症に関する講演会をはじめ、アルコール問題への早期介入など全国各地へ出向いている。

患者様へメッセージ

「世の中には色々な依存症があふれています。もしかして、これって依存症?と思ったら、お早やめにお気軽にご相談下さい。また最近は、お酒の量を減らすお薬もありますので、ちょっとお酒の量が気になる・減らしたいという方もご相談下さい。」